お風呂や洗面所など水回りの片付け方法をご紹介します。
湿気が多い空間なので、通気性や衛生面からもキチンと整理整頓したいスペースです。 まずは、処分できるものがないか、使用頻度やカテゴリーごとに分類できているかチェックします。
整理ができたら、洗面台で使うもの、浴室に必要なものを定位置・定品・定量のルールにならって収納してみましょう!

サニタリーの片付けルール

ストック品は一定量に

特売日などに詰め替え用などをまとめ買いしがちな洗剤や柔軟剤、シャンプー類は、収納スペースを圧迫します。
過剰ストックを防ぐために1個あたりの消費ペースを確認しておき、決まった個数のみ買い置きするようにしましょう。
ストック専用のケースやスペースを用意し、出し入れと在庫管理を行います。

サニタリーの整理・処分リスト

試供品・サンプル

基礎化粧品やコスメの試供品をもらったまま使わずに保管していませんか?
サンプル品は小さく、ごちゃごちゃしやすいので、今すぐ使うか、思い切って捨てましょう。
ホテルのアメニティなども、家で収納管理の手間になるだけなので、安易に持ち帰らないようにしましょう。

サニタリー収納のコツ

洗面所・洗面台下

洗面所や低い位置にある洗面台下は湿気の多い場所です。コの字ラックを利用したり、ものを詰め込まず、通気性を良くしましょう。
また、歯ブラシや洗剤類などのストック品を収納する場合は、直置きせずにトレイやカゴを利用し、ジャンル別や形状別に片付けます。

ヘアアクセサリー

ヘアピンやヘアゴム、クリップなどのヘアアクセサリー類は細々しているので、からまったりして手間取ることがあります。
引き出しなら仕切りでうまく分類したり、ウォールポケットを洗面台の扉裏に掛けて収納しましょう。
一緒に使うことの多いブラシやクシも一緒に収納されていると便利です。

風呂・浴室用ラック

シャンプー・リンス類を収納するラックはステンレス製のワイヤーラックがオススメです。
安価なプラスチック製はカビやヌメリが発生しやくす、底の形状によっては水はけもよくありません。
衛生面や掃除の手間を考慮するなら、ステンレス製が適しています。

おもちゃ

お風呂で遊ぶ子ども用のおもちゃは、使用後にまとめて洗濯ネットやフック付きのカゴなど入れて吊るしておきましょう。
水にぬれまたままや洗剤がついたままだとカビや汚れの原因となります。

タオル類

タオル収納をスッキリ見せるコツとして、参考になるのがホテルの折りたたみ方です。
タオルをフレンチ折りにして、輪の方を揃えて収納すると統一感が出ます。
さらに、同一色で揃えると見栄えも良いです。