環境に関するキーワード「3R(スリーアール)」をご存知ですか?

3Rとは、リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つの英語の頭文字「R」を取ったもので、 限りある地球の資源を大切にし、循環型社会を形成していくための活動として世界各国で広がっています。 具体的には、以下のような活動をいいます。

  • リデュース(Reduce) :ゴミや廃棄物の発生を抑制すること
  • リユース(Reuse):不要になったものを再度使用すること
  • リサイクル(Recycle):不要になったものを原材料として再利用すること

片付けは、3Rの取り組みに共通することが多く、私たち消費者の暮らし方が環境・資源の問題にとても影響しあっていると考えられます。

私たちができる3R活動

実際に暮らしの中でできる3R活動の例を挙げてみます。

リデュース(Reduce)

  • マイバッグを持参し、レジ袋や過剰包装を断る。
  • 必要なものを必要な量だけ購入する。
  • 詰め替え商品を購入する。

→片付けでも定品・定量を心がけ、過剰なストック品や処分に困るものは家に持ち込まないようにしましょう。

リユース(Reuse)

  • リターナブル容器(ビール瓶など)を選ぶ。
  • 不用になった服を寄付したり、フリーマーケットに出す。
  • 壊れたからといってすぐに捨てない。修理して使う。

→ものを大切にする気持ちが片付けにも必要です。

リサイクル(Recycle)

  • 識別マークを参考に、ごみの分別を守る。
  • 古紙やペッボトルなど、資源ごみの回収に協力する。
  • パソコンや電化製品などのリサイクルに関する法律を知る。

→不用になったものを、ただのゴミや廃棄物にしない処分方法を検討しましょう。

「片付けられない」「収納が足りない」というのは、ライフスタイルの変化で生まれた現代のまやかしかもしれません。
片付けは、地球にやさしい暮らし方やモノとの付き合い方を見つめ直す良い機会だと思います。

オススメリンク

デッドスペースを生かし、部屋の床から物を無くすには、収納グッズを活用すると便利です。

ちょっとしたサイズのケースが見つからない…。

収納するにも品質にはこだわりたい…。

そんなあなたにおすすめのグッズがみつかると思います!

↓↓↓
想像以上に収納可能な収納ケース







この記事のカテゴリーとタグ

カテゴリー:片付け豆知識

タグ:

この記事と関連のありそうな記事
    None Found