お正月行事や新年の儀式には、日本の古き良き伝統が受け継がれているものです。
今回は、お正月のお飾りをいつ取り払えばよいのか、日本人として知っておきたい豆知識をご紹介します。

お正月飾りは、1月7日

一般的にお正月飾りは“松の内”までと考えられています。
松の内とは、お迎えした年神様に門松(松飾り)へ宿っていただく期間のことをいいます。
松の内の期間は地域によって異なり、関西方面では小正月までとし、1月15日に取り払うこともあるそうです。

門松やしめ飾り・注連縄(しめなわ)を処分するときは、ご近所の神社やお寺でお正月飾りを焼く行事(左義長、どんど焼きとも呼ばれます)がいつ行われるか、問い合わせてみましょう。

鏡餅は、1月11日

鏡餅は年神様へのお供え物で、神様の魂や霊力が宿るとされています。
鏡開きの日(1月11日)に、神供のお下がりをいただき、1年の無病息災や家内安全を祈ります。鏡開きも地域によってさまざまで、京都では1月4日に行われます。
また、お供えした餅は包丁で切ったりせず、木づちなどで叩いて割って(鏡を開く)、お雑煮やお汁粉でいただきます。

新年をすがすがしい気持ちで過ごすためにも、カレンダーをチェックしながら片付けを進めましょう。

オススメリンク

デッドスペースを生かし、部屋の床から物を無くすには、収納グッズを活用すると便利です。

ちょっとしたサイズのケースが見つからない…。

収納するにも品質にはこだわりたい…。

そんなあなたにおすすめのグッズがみつかると思います!

↓↓↓
想像以上に収納可能な収納ケース







この記事のカテゴリーとタグ

カテゴリー:片付け豆知識

タグ:

この記事と関連のありそうな記事
    None Found