整理で不用品(不要品)となったものを処分しましょう。

処分といっても、ゴミとして捨てるのは最後の選択肢です。
まだ使えるものをただゴミとして処分するのはとても忍びないこと。不要なものを手放すときに未練や執着心があると、なかなか処分が進まず、片付けられない部屋に逆戻りしてしまします。

そこで、整理したものを処分する方法として、譲る・寄付する・売るなどの手段を考え、必要としている人に使ってもらえるようリユース(再利用)の道がないか検討しましょう。
ものを手放すことで人に喜んでもらえたり、本来のモノの価値を生かすことができれば、納得して片付けが進められるはずです。

不用品の処分① 人に譲る

家族や友人が喜んでくれそうなアイテムがあったら、積極的に声をかけてみましょう。
洋服などを人に譲る場合は、洗濯やクリーニングで清潔にしてから差し上げます。
知り合いに譲ることは、相手の喜ぶ顔が見れたり、自分も嬉しい気持ちになります。

人に譲る以外の処分方法

  • 寄付する
  • 売る
  • 再利用する(リサイクル)