自分には不用(不要)なものでも寄付を募っている団体に寄付することで、人の役に立つことができます。
地域の図書館、児童養護施設や老人ホーム、国際支援団体など、寄付を募っている団体を探してみましょう。

寄付品の送付は事前に確認を

団体によって募っているものは、その時々で変化します。
寄付をしたいアイテムがある場合は、事前に電話やメールで問い合わせを行いましょう。
また、汚れたままの不用品や着払いでの送付は相手の負担になりかねません。寄付される立場に立って、本当に役に立つものを送りましょう。

条件やタイミングが合わず不用品を寄付できなかった場合でも、不用品を売ったお金で募金などを行えば善意の気持ちが無駄になりません。

寄付募集品目例と寄付団体情報

寄付品目例 団体情報
本・マンガ・絵本
CD・DVD・ゲームソフト
など

【社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)】

ブックオフコーポレーション株式会社(BOOKOFF)と協力し、家庭や職場で不要になった本やCD・DVDなどをBOOKOFFが査定の上、査定額+10%が教育支援活動への資金として寄付される活動を行っています。
寄付された資金は、アジア各地の子どもだちに読まれる母国語の絵本などの出版に役立てられます。
SVAの他にも、【NPO法人ピースウィンズ・ジャパン】や【NPO法人シャプラニール】でも同じような活動が行われています。

ランドセル

【国際協力NGO ジョイセフ 】

使わなくなったランドセルをアフガニスタンやモンゴルの子どもたちへ届ける活動をしています。
ランドセル寄付の受付・回収は主に春と秋の年2回です。未使用の学用品(ノート・鉛筆・クレヨンなど)も一緒に寄付することができます。

洋服・タオル・毛布など

【NPO法人日本救援衣料センター】

世界各地の難民や被災者に衣料品類の寄贈を行っています。
清潔な衣料品の他、企業制服(ブラウスやカーティガン)なども受け付けています。

子供服・ジャージ

【わかちあいプロジェクト】

世界各地の難民キャンプなどに古着などの支援活動を行っています。ズボン、Tシャツ、スカート、ワイシャツ、ジーパン、背広、スーツ、トレーナー、ジャージ、カーデガン、セーター、コートなどの古着を募っています。

家電・テーブル・カーテン
など

【NPO法人ブリッジフォースマイル】

児童養護施設から施設を出て独立する子供たちを支援するための活動を行っています。一人暮らしを始める子どもたちの経済的負担を軽減するために、生活必需品(家電や家具、布団、ビジネススーツなど)の寄付を募っています。

※各団体の寄付に関する情報は、調査時点のデータを掲載しております。受付品目、募集期間、送料・送付先などの最新情報は、ホームページやお電話にて最新の情報をご確認ください。

オススメリンク

デッドスペースを生かし、部屋の床から物を無くすには、収納グッズを活用すると便利です。

ちょっとしたサイズのケースが見つからない…。

収納するにも品質にはこだわりたい…。

そんなあなたにおすすめのグッズがみつかると思います!

↓↓↓
想像以上に収納可能な収納ケース