整理収納・片付け・インテリアに関する資格や試験をご紹介します。
片付けの知識やスキルを身につければ、プライベートにも仕事にも生かせます!

整理収納アドバイザー

2級/1級/コンサルタント
住宅やオフィスの「片付かない」を解決するアドバイザー。
2級は整理収納の基礎を理論的に学び、講座を1日受講すると認定される。1級以上の取得で実際にプロとしての活動が可能。
家庭や職場で整理収納のノウハウを活かしたいと考えている方、整理収納アドバイザーとして仕事に活かしたいと考えている方にオススメの資格。

住空間収納プランナー

ベーシック/エキスパート/マスター
人・モノ・住まいの関係を見つめ、快適な住空間を提案するプロフェッショナル。
住空間収納プランナーは、クライアントの片付かない原因を検証して具体的な方法を提案し、快適な生活に導く。新築やリフォーム時に、片付けやすい収納設計計画の提案をする仕事もある。

キッチンスペシャリスト

なし
キッチン空間に設置される各種の設備や器具類に関する幅広い専門知識をもち、メーカーと住い手の接点に立って、キッチン空間の設計やコーディネートなどを提案する専門家。
ライフスタイルの変化やキッチンに設置される機器の進化などを理解したうえで、安全で快適なスペースを造るアドバイザーとして建築・インテリア業界で活躍することができる。

インテリアコーディネーター

なし
快適な住空間を作るために、ライフスタイルに合わせた適切な提案や助言を行なうインテリアのプロフェッショナル。
インテリアに関する幅広い商品知識を持ち、インテリアのプランニング、見積り、実施、施工などのアドバイスを行ないます。ハウスメーカーや工務店、設備機器会社や内装メーカーでインテリアコーディネーターの需要が高まっている。

インテリアプランナー

なし
住宅・オフィス・ホテル・商業施設などのインテリアプランニングにおける企画・設計・工事監理を行い、インテリアに関する知識と技術をもち、総合的に質の高いインテリアを実現する専門家。
人に望ましいインテリア空間のあり方を、時代や社会背景、機能性、安全性、快適性、経済性を基に提案・実現し人々の生活環境の向上に貢献する仕事。

福祉住環境コーディネーター

3級/2級/1級
高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザー。
福祉・医療・介護・福祉用具・住宅改修分野の幅広い知識を持ち、各種の専門職と連携をとりながら最適な住環境整備や地域の安全で快適なまちづくりなどを提案する。少子高齢化が進む日本で今後もっとも活躍が期待される資格のひとつ。

オススメリンク

デッドスペースを生かし、部屋の床から物を無くすには、収納グッズを活用すると便利です。

ちょっとしたサイズのケースが見つからない…。

収納するにも品質にはこだわりたい…。

そんなあなたにおすすめのグッズがみつかると思います!

↓↓↓
想像以上に収納可能な収納ケース